あなたは、米国でダース以上の公式バプテスト協会を見つけることができるので、あなたがバプ 葬儀の伝統は同様に地域的であるように見え、南部で流行しているいくつかの習慣は太平洋地域では一般的ではないかもしれません。 それにもかかわらず、バプテストの葬儀の間にはいくつかの一般的な共通点があります。/p>

次のセクションにジャンプします。

次のセクションにジャンプし:

  • バプテストの葬儀の習慣
  • バプテストの葬儀の習慣
  • バプテストの葬儀でのエチケット

バプテスト洗礼(他のものの間で)。 カトリック教徒や他のすべてのプロテスタントの宗派と同様に、バプテストはキリストが自分の罪のために死んだと信じています。 彼らは死の後、痛みや苦しみから解放された牧歌的な場所である天国に行くと信じています。

今、あなたはバプテストの信念の非常に基本的な理解を持っていることを、のは、葬儀の習慣を議論してみましょう。

バプテストの葬儀の習慣

バプテストの葬儀は、通常、人の死の後一週間以内に開催され、牧師や説教者と呼ばれることがありますバプテストの聖職者のメンバーによって監督されます。 彼らは葬儀場、バプテスト教会、または墓地で行われることがあります(墓地のサービスの場合。)

バプテストの葬儀は、他の多くのプロテスタントのキリスト教の葬儀のように見えます。 もちろん、これらの習慣は、仮想葬儀の場合には異なる場合があります。 ここでは、サービスのバプテストの順序(または礼拝の順序)についてのいくつかの詳細があります。

奉仕の順序

バプテストの葬儀での奉仕の順序(または礼拝の順序)は、他のプロテスタントの宗派で起こるものと似ています。 あなたはカトリックのミサで見つけるように典礼を見つけることはできませんので、これはすべてのバプテストの葬儀で使用される言葉が状況に固有のものになることを意味します。

通常、サービスの順序は次のようになります。

1。 前奏曲

葬儀の前奏曲には、出席している人への一般的な歓迎が含まれている場合があります。 いくつかのバプテストの葬儀の間に、牧師と家族は一緒に教会の中に進むことができます。 他の時には、家族はすでにサービスの準備のために座っています。

2. 賛美歌

通常、あなたはバプテストの葬儀で使用される神聖な音楽だけを聞くことができます。 会衆には歌詞が与えられ、歌うことが奨励されます。 他の回では、音楽は合唱団またはソリストによって演奏されることがあります。

3. 慰めの祈り

大臣は、故人の遺族や友人が慰められることを祈ることができます。

4. 聖書の朗読

通常、旧約聖書と新約聖書からの朗読は、大臣または他の読者によって読まれます。

5. 音楽

神聖な音楽は、バプテストの葬儀の不可欠な部分です。

6. 備考または短い説教

状況によっては、家族の中には故人について話すことがあります。 それ以外の場合は、大臣または説教者だけが発言します。 時には、牧師は、キリストについての詳細を学ぶために聴衆の非信者を説得することを期待して、この時間の間に救いのバプテストの信念を共有す

7. Song

バプテストの葬儀で人気のある曲についての詳細を学ぶために読んでください。

8. 閉会の祈り

会葬者が建物を出る前に閉会の祈りを言うことができます。 祈りは、故人の人生を祝う感謝祭の一つであってもよいです。

歌や賛美歌

前述したように、バプテストの葬儀での葬儀の歌は通常神聖です。 これは、訪問やレセプションではそうではないかもしれません。

いくつかのバプテスト教会は福音の歌や賛美歌を使用しています。 ここにあなたが聞くと期待するかもしれない少数の葬儀の歌はある。これは、すべての時間の中で最も愛さ賛美歌の一つです。

“アメイジンググレイス”

これは、すべての時間の中で最も愛さ賛美歌の一つです。

“アメイジング それは彼の罪を悔い改めた奴隷商人によって書かれました。 “I’ll Fly Away”は、最も録音されたゴスペル曲の1つであると言う人もいます。

“I’ll Fly Away”は、最も録音されたゴスペル曲の1つです。

“I’ll Fly Away” “アメイジング-グレース”とは異なり、かなり明るいテンポを持っています。

“私たちは川に集まりましょうか?”

この人気のある霊的なものは、1860年代にバプテストの牧師ロバート-ローリーによって書かれました。

祈り

あなたがバプテストの葬儀で聞く祈りは、故人の家族や友人のための快適さを求めることができます。

祈り

あなたは死んだ人の人生を祝う感謝祭の祈りを聞くことができます。あなたはおそらく、死者が天国への道を見つけるのを助けるように神に求める祈りを聞くことはありません。

ほとんどのバプテストは、この世の領域から天の領域へのこの移行は、死後すぐに起こると信じています。

聖書の朗読はありません。

バプテストの葬儀のための聖書の朗読はありません。 家族は、故人にとって重要なものを選ぶか、大臣に任せることができます。 時には救いについて話す聖句が人気のある選択肢であり、神が嘆く人に提供する慰めについて話す聖句もあります。

ヨハネによる福音書第11章25-26節を考えてみましょう。 わたしを信じる者は、死んでも生き、わたしを信じて生きている者は、決して死ぬことはない。”あなたはこれを信じていますか?”または伝道の書3:1-4,これは述べています,”すべてに季節があります,天の下ですべての目的への時間: 生まれる時、死ぬ時、植える時、植えられたものを摘み取る時、殺す時、癒す時、分解する時、築く時、泣く時、笑う時、嘆く時、踊る時。”

奉仕期間

典型的なバプテストの葬儀は一時間を過ぎません。 実際には、それは時間よりも十分に少ないかもしれません。 これには、墓地の葬儀や葬儀の後に行われることがあるレセプションは含まれていません。

“もっと:彼らの灰からダイヤモンドを作成することにより、生きている愛する人の記憶を保ちます。

バプテストの埋葬習慣

今、私たちは、典型的なバプテストの葬儀を議論してきたことを、のは、いくつかの他の習慣を議論してみましょう。 覚えておいてください、これらは一般的な声明であり、すべてのバプテストとバプテスト教会の組織の特定の信念として取られるべきではあ

洗礼者は火葬されるか埋葬されるか?

洗礼者は火葬されるか埋葬されるか?バプテストには火葬に対する”規則”はありません。

選択は、故人の欲望であったであろうものにうまくいけば従っている家族によって行われます。

家族が遺体を火葬するのではなく埋葬することを選択した場合、棺は訪問中または葬儀の直前に見るために開いている場合があります。

家族が遺体を火葬するのではなく、埋葬することを選択した場合。

バプテストは死者をどのように覚えていますか?

バプテストは、愛する人の人生を反省するために墓地を訪れることができます。 彼らはまた、花で墓を飾ることができます。 洗礼者が亡くなった家族や友人を覚えておくための正式な時間や場所はありません。

いくつかは、墓地を訪問するために記念日を使用したり、家族の集まりで自分の愛する人の思い出を共有することができます。あなたはバプテストの葬儀に出席したことがない場合は、行動するか、何を言うかがわからないかもしれません。

バプテストの葬儀でのエチケット

良いニュースは、バプテストの葬儀は他のプロテスタントの葬儀に似ているということです。 あなたがそれらのサービスの1つに行ったことがあるならば、あなたは何を期待するべきかの一般的な考えを持っています。

バプテストの葬儀に座ったり立ったりするのが適切なときに、どんな反応や歌への言葉を知る必要がないことを知って慰められるかもしれません。

大臣は、通常、出席者に明確な指示を与えます。ほとんどの葬儀のように、出席者は最初の数列が含まれていない教会のいくつかのセクションに静かに座ることが期待されます。

これらの行は、通常、肉親のために保存されます。

あなたは、彼らがグループの歌に参加しているときに会衆と一緒に歌うことを選択することができますが、あなたが快適でない場合は、する必要は 祈りの時間の間に、出席者は頭を下げ、彼らの前に一緒に手を置くことが期待されています。

服装

一般的に、葬儀は正式なサービスです。 人々は葬儀に彼らの最高の服を着る傾向があります。 これは地域によって異なるように見えるかもしれません。 人々はしばしば葬儀に暗い、ミュートされた色を着用します。

同情を示す

葬儀で家族と話す機会があるかもしれませんし、そうでないかもしれません。 通常、同情を提供するための時間は、時にはサービスの前の夜である訪問で発生します。

葬儀の後には、軽食や軽食を提供するレセプションがあることがあります。 この時間の間に、あなたは言って、家族にあなたの同情を提供することができます”私はあなたの損失のために申し訳ありません。”故人についての幸せで肯定的な思い出を家族と共有することも親切です。

何を期待するか知っている

親しい家族を失ったことがない場合は、葬儀に行くことの重要性を理解していないかもしれません。 故人の家族は最近、自分たちの生活の中で最も壊滅的なイベントの一つを経験している、と彼らは彼らが今まで持っているよりも、より多くの失われ、一人で感じることがあります。 彼らはまた、自分の愛する人の記憶が他人の心に消えてしまうことを心配するかもしれません。

葬儀に出席して家族にあなたのサポートを示してください。 これは長い間記憶される親切なジェスチャーです。