コンプライアンスオペレーション管理の利点は、適切な情報を適切なタイミングで適切な人々に得るこ 最新のエンティティ情報がなければ、組織はコンプライアンス違反の状態に陥るか、または良好な地位を失うリスクを冒すだけでなく、非効率的な 彼らは柔軟性と回復力を失う可能性があり、より重要なことに、ビジネス戦略と成長を妨げる可能性のある小さな細部を見失う可能性があります。

コンプライアンスソフトウェアツールを使用すると、これらのリスクを軽減し、組織の法的業務に複数の利益をもたらすことができます。 この記事では、コンプライアンスソフトウェアツールを使用することの利点のいくつかを見て–そしてそれはどちらか、規制遵守ボックスを刻々と過ぎ

コンプライアンスソフトウェアは、チームが達成するのに役立つものは何ですか?

リスクの管理と削減

コンプライアンスソフトウェアツールを使用してワークフローやプロセスのねじれを滑らかにすることで、リスクの管理と削減に取り組んでいます。 また、組織図やエンティティ図を作成して構造全体を視覚化し、潜在的な問題を強調したり、規制機関に直接レポートを提出したりすることもできます。 通知とダッシュボードは、懸念事項が問題になる前にフラグを立てるのに役立ちますが、単一の真実のソースを作成することで、意思決定に使用されるエ

効率を高める

真実の単一のソースを作成することも効率を高めるのに役立ちます。 これは、2人が同じファイルの異なるバージョンを作成する可能性が低いことを意味し、同じデータソースがビジネスを推進するために使用されているこ クラウドベースのコンプライアンスソフトウェアを選択すると、サードパーティや利害関係者をシステムに取り込むことで効率を高めることができます。 さらに、eSignaturesは、署名業務をスピードアップし、時にはワークフローから数日を節約するのに役立ちますが、自動化は企業の秘書がその役割についてより戦略的

コストを削減

これらの効率はすべて、より効率的で合理化された労働力が手元のリソースをより有効に活用して、コストを削減するのに役 また、クラウドベースのコンプライアンスソフトウェアは、オフィススペースとストレー; すべてがデジタルで保持されているため、ファイリングキャビネットに部屋を捧げたり、オンプレミスサーバーを定期的にアップグレードしてセキュリテ

より安全な操作

セキュリティといえば、現代のコンプライアンスソフトウェアは、念頭に置いて、現代のサイバーセキュリティチームのニーズ クラウドベースの法的技術分野のマーケットリーダーは、セキュリティプロトコルで最高のものを使用していますが、強化されたユーザー権限は、詮索好きな目から企業のレコードを保護するのに役立ちます。

柔軟性を高める

その中央リポジトリ、真実の単一のソースを持つことは、軽快な行動と迅速な思考を可能にするのに役立ちます。 すべてを一箇所にまとめることで、コンプライアンスマネージャーとより広い会社は、物事がどのように立っているかの全体像を持っていることを安心し、変更を加えた場合に何が起こるかを確認するために、エンティティ図作成を使用してシナリオ計画を実行することができます。

パフォーマンスの向上

コラボレーション、効率性、柔軟性を強化することにより、コンプライアンスソフトウェアツールを使用する法務運用チームは、財務、会計、財務、コンプライアンス、ガバナンス、リスク管理など、かつてサイロ化されていたビジネスの領域を統合し、より良いコミュニケーションとより良いデータを確保することができます。 これにより、より良い洞察と分析がもたらされ、組織はより良いパフォーマンスとより多くの成長(またはそれが最終的なゲームであれば合理化)に向か

細部を追跡し、より戦略的に

組織内で最も忙しいチーム、特にグローバルなチームの中で、細部が見落とされやすいことがあります。 彼らは規制の締め切りを打つと、コンプライアンスの即時スレッドを一緒に引っ張ることに焦点を当てるように、彼らは更新する必要がある契約や、それが提出することができる前に署名する必要がある重要なボードペーパーを欠場する可能性があります。 コンプライアンスソフトウェアツールを使用して柔軟性を高め、自動化による効率を向上させることにより、組織はこれらの重要なスタッフを解放し、日々の重要なことを確実に処理し、それらの詳細が何につながるかについてより戦略的に考えることができます。

より準拠している

そして、一日の終わりに、これはすべて全体的に優れたコンプライアンスを意味します。 コンプライアンスソフトウェアツールは、組織がより効率的になり、リソースをより有効に活用し、パフォーマンスを向上させ、柔軟性、効率性、セキュリティ、パ 規制機関との直接統合は、定期的な申請の負担を軽減するのに役立ちますが、最新かつ完全なエンティティデータは、これらのレポートが入手可能な最 これは、コンプライアンスとガバナンスへのより合理化されたアプ

組織に適したコンプライアンスソフトウェアを見つける

このすべては、組織のニーズと目標に合わせて適切なコンプライアンスソフトウ 適切な決定につながる堅牢な評価を可能にするために、選択したコンプライアンスソフトウェアツールが持っていることを確認する必要があります。

コンプライアンスソフトウェアベンダーは、以下の能力を示す必要があります:

  • ワークフローを一元化し、自動化する
  • 柔軟でスケーラブルである
  • 将来のビジョンを持っている
  • 優れた顧客サービスを提供する
  • あなた自身の成功目標をサポートする
  • セキュリティを維持する

この分野の専門家からのコンプライアンスソフトウェアとして、勤勉なエンティティは、組織が一元化、管理、効果的に企業記録を構造化するのに役立ちます。 これは、コンプライアンスをより確実にし、リスクを軽減し、意思決定を改善するために、エンティティガバナンスを改善するのに役立ちます。

すべてのエンティティおよびコンプライアンス情報の中央リポジトリを作成することにより、Diligent Entitiesは、法務業務およびコンプライアンスチ 連絡を取り、勤勉な承諾があなたの法的操作に一流の承諾のソフトウェア用具の利点をいかに持って来ることができるか見るためにデモを要求