1805

このタイムラインは、私たちのクローズアップの一部を形成しています:プロイセンのキャンペーンとナポレオンのベルリンへの参入,27October,1806.
10月下旬/11月上旬:プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とロシア皇帝アレクサンドル3世が会談。 いわゆる”ポツダム条約”の署名、プロイセンがナポレオンに最後通牒を提示する(秘密の)合意:フランスはルネヴィルで合意されたものに戻らなければならない、さもなければプロイセンは第三連合の同盟国に加わるだろう。

11月14日

: プロイセンの外交官ハウグヴィッツは、最後通牒を提示するためにナポレオンに会うためにベルリンを去った。

28November(7Frimaire):Haugwitzは最終的にNapleonへのアクセスを許可されました(当時はbrünnで近づいている戦いのための完全な準備をしていました)。 しかし、プロイセンは最後通牒を提示せず、むしろ王からの手紙を提示した。 ナポレオンは、プロイセンがまだどちらを支持するかを決めていないと考えた。 その結果、彼はハウグヴィッツをウィーンに送り、タレーランと交渉を続けた。

12月2日(11Frimaire):アウステルリッツでのナポレオンの勝利。 皇帝は今、彼の”栄光の平和”を達成するために強い立場にありました。

3December(12Frimaire):Alexander iとFrancis IIの間の会議.

4December(13Frimaire)
ナポレオンとFrancis IIの間の会議.

6December(15Frimaire)
オーストリアとの休戦の署名.12月10日-12日(19日-21日):ブリュンヒルト条約の署名。12月10日:フランスはバイエルンと条約を締結し、支援の報酬として追加領土を受け取り、”王国”となった。12月11日と12日

12月11日と12日: フランスはヴュルテンベルクとバーデンの君主と同様の条約を締結し、前者は王室の王冠を受け取り、後者は大公の尊厳を受けた。 ナポレオンは第三次ドイツ(プロイセンとオーストリアの間のドイツ)に対する同盟と支配のシステムを始めていた。

15December(24Frimaire):Schönbrunnのフランコ-プロイセン攻守同盟sub spe ratiの署名(つまり、同盟がプロイセン王によって批准されることを期待して): プロイセンはヌーシャテル、バイロイト、アンスバッハを割譲し、ハノーファーを受け取ることになったが、実際にはイギリスの所有であったが、フランス軍に占領されていた。 アウステルリッツの後まで待つことによって、プロイセンは彼女の最後通牒を提示する機会を逃していた。 そして、フランスに関して弱い立場では、プロイセンはハノーファーを取らず、第三者からの贈り物としてそれを受け取った。

12月26日(5日ニヴェーゼ):フランスとオーストリアの間のプレスブルク条約: イタリア王国の多くの領土を割譲し、バイエルン、ヴュルテンベルク、バーデン、フランスに領土を譲渡することによって、オーストリア家はイタリアとドイツに対する彼女の影響力が大きく弱まった。

1806年3月、ナポレオンはバイエルンとの婚姻同盟に署名し、1月14日に義理の息子でイタリア総督のウジェーヌ-ド-ボーハルネとバイエルン王の娘オーガスタと結婚した。 4月8日、皇后ジョゼフィーヌの姪であるステファニー・ド・ボーハルネがバーデン皇太子と結婚した。 ベルリンでは、国務院がシェーンブルン条約を議論するために会合し、それを修正した–王はすでに”防衛/攻撃的な同盟”という言葉を単に”同盟”に置き換えていた。

1月14日:ハウグヴィッツは交渉を完了するためにベルリンを出発し、パリに向かった。

1月23日

: イギリスでは、ウィリアム・ピット(英語版)が死去すると、ウィリアム・ウィンダム・グレンヴィルが新政府を率い、チャールズ・ジェイムズ・フォックス(英語版)(親仏派と評判だった)が外務大臣に就任した。

1月24日:プロイセン軍、特にヴュルツブルク周辺の一般的な撤退と動員解除。

1月26日:ナポレオンがパリに戻る。

9月:ナポレオンはハウグヴィッツに聴衆を与えるが、プロイセン軍がすでにハノーファーを占領していることを聞いて、彼を冷たく扱い、brusquely彼を却下する。

2月15日:新しい条約がハウグヴィッツに提示される。 1805年12月15日の条約の条項のいくつかは繰り返されているが、プロイセンはヴェゼルの戦略的に重要な要塞を割譲すること、イギリスからの物資に港を閉鎖すること、イギリスに対して宣戦布告することなどが挙げられる。 この条約は2月26日にフレデリック・ウィリアム3世によって批准された。

2月22日:イギリスからの商品へのフランスの港の閉鎖。

6月: 開放性とデテンテの精神で、フォックスはTalleyrandに手紙を送り、特定のGuillet de La Gebrillière(逮捕されたが、その後イギリスで解放された)がナポレオンを暗殺することを計画していたことを知らせる。

27March:プロイセンは英国からの物資への港を閉鎖しました。

3月30日:”Acte des Tuileries”は正式にナポリとシチリアの王ヨセフを宣言します。

4月1日:TalleyrandはFoxに好意的に返信し、全権委員会の会議を提案した。

8月: イギリスとロシアの間の以前の合意に続いて、フォックスはタレイランドに、ロシアがフランスとイギリスの間の平和議論に参加すべきであることを提案した。

5月11日:イギリスがプロイセンに宣戦布告。

5月23日:すぐにイギリスの全権委任統治領となるため、アミアンで捕虜となったヤーマス伯爵シーモア卿は勅令によって解放され、パーリーを率いることができた。

5月24日:条約が締結され、オランダ王国が成立し、それによって以前のRépublique Bataveに取って代わりました。

6月5日:ナポレオンは弟のルイ・ボナパルトをオランダ王と宣言する。

6月6日:ナポレオンは新しいトルコ大使、Mouhib Effendiを受け取りました。 フランスとポルトの外交関係は再び活性化され、ナポレオンはトルコがロシアへの休憩として行動することを望んでいた。

6月14日:イギリス全権公ヤーマス伯爵シーモア卿がパリに到着(彼は手紙の特許を受け取るためにイギリスに戻っていた)。 彼は彼と一緒に英国政府の平和の提案を持ってきました。

1月:プロイセンはロシアと同盟条約を締結した。

8月: 2ヶ月間ウィーンでフランスとイギリスの大使と議論した後、ロシア側の交渉をリードするためにパリに到着した。 ロシアでは、外務大臣、Czartoryskiは、バドベルグ男爵に取って代わる彼の辞任を申し出ました。

11July:交渉を軌道に乗せるために、TalleyrandはNapoleonに、YarmouthがFoxからシチリア島をフランスに与える許可を期待していることを伝えた(Joseph’s kingdom of Napoles)。 交渉の開始時に、英国はシチリア島の取得を議論することを拒否しました。

12月:パリ条約の署名、ライン連盟(ラインブント)の創設をもたらします。 この条約は7月19日にナポレオンと他の署名者によって批准されることになっていた。

7月21日:日英両国の交渉合意にもかかわらず、オブリルはクラーク将軍(タレイランドに代わっていた)に率いられ、仏露講和条約に署名した。 オブリルは、しかし、彼は彼の指示を超えていたことをよく知っていた。

7月31日

7月4日: イギリス政府はヤーマスを支援するために、ローダーデール卿の形をしたより強固な交渉者を派遣した。 ロシアの使節ウブリルがフランスと別の条約(シチリア島を提供する)に署名したことを考えると、イギリスの使節は彼と一緒に仏英平和条約の新しいバージョンを持ってきた。 新しい条約の譲歩は次のとおりであった:シチリア島の上に君臨する家族は、他の領土と賠償を発見されることになっていたこと; イギリスはフランスの皇帝の称号だけでなく、ナポレオンによって指名または昇進された他の皇帝の称号も受け入れること(シチリア島はフランスによって奪取される可能性がある)、1797年以降のフランスのすべての利益は尊重されること、ブルボンはスコットランドまたはアイルランドに降格されること、フランスによって指名されたチュアンの指導者はカナダに移送されることである。 それは(彼の言葉で)”まだ完全に成熟していないので、これはナポレオンによって拒否されました。”

1August:ライン同盟のメンバーは、もはや神聖ローマ帝国の一部を形成していないと宣言しました。
6月: フランシスコ2世は神聖ローマ皇帝の称号を放棄した。

8月9日:動員プロイセン軍。

25August:ナポレオンの命令で、自由都市ニュルンベルクの書店パームが、ナポレオンに対するドイツの抵抗を奨励するパンフレットを配布したために処刑された。 Vendômeコラムの作業の始まり。

3月:ナポレオンはロシアが平和条約を批准することを拒否したことを知る。 同日付の弟のヨセフへの手紙の中で、皇帝は批准の失敗はロシアの大臣の変更の結果であると考えていたと述べている。 同じ手紙の中で、彼はロシアの皇帝、アレクサンダーは、唯一の理由を与えていたことに注意しました:彼は英国なしで署名しないだろうということ。

9月9日:ジェローム-ボナパルトとカトリーヌ-ド-ヴュルテンベルクの結婚式に関連して、フランスとヴュルテンベルクの間で結婚条約が調印された(式典は22日、1807年に祝われることになっていた)。

12月:プロイセン軍がザクセンに侵攻し、来るべきフランスとの戦争に参加するように強制した。 サクソン人は、イエナでプロイセンと一緒に戦う唯一の軍隊であることになっていた。

9月13日

: イギリスの外務大臣フォックスの死は、グレイに置き換えられました。
ナポレオンはベルティエに(バンベルクではなく)ヴュルツブルクに行くよう命じ、ネイ、オージェロー、ダヴーが指揮する軍団にも同じ命令を与えた。

9月20日:ナポレオンはライン同盟の同盟国に呼びかけた。
9月25日:ナポレオンはパリを離れ、フランス軍に合流する。

9月28日:ナポレオンがマインツに到着。

1月:プロイセン大使クノーベルスドルフは、プロイセンの最後通牒を含むナポレオンのためのフレデリック*ウィリアムIIIからの手紙をTalleyrandに与えます: フランス軍はライン川を越えて撤退し、ライン連邦は解散されるべきである。

10月2日:ナポレオンはヴュルツブルグに到着し、そこでドイツの諸侯と会う。

10月4日:1ヶ月間の交渉の後、ローダーデールはフランスの交渉担当者に新しい条約を提示する。 シチリア島はもはやテーブルの上にはなく、一般的なトーンは、ロシア人がすでに対処することを拒否していたという知識の中で、はるかに少ない融和 彼の提案が受け入れられないことをよく知っていたローダーデールは彼のパスポートを求め、9月にフランスを離れたが、交渉は何もなかった。

10月7日:ナポレオンはプロイセンの最後通牒を知る。 プロイセンの最後通牒が発効する前日、大軍はベルリンに向けて出発した。

8-11月:フランス軍がフランケンヴァルトの谷を横断する。

10月8日:ザールベルクでフランス軍とプロイセン軍との最初の接触。
9月: シュライツでは、ベルナドット軍団の第3師団に支援されていたムラトの騎兵が、タウエンツィアン率いるプロイセン軍とザクセン軍を破った。 400人のプロイセン人/サクソン人が殺されるか、または連れ去られた。

10月10日:ザールフェルトでのプロイセン軍の敗北、フリードリヒ-ヴィルヘルム三世のいとこルイ王子の死によってマーク。

10月14日:フランスの二重勝利、イエナでのナポレオン、アウエルシュテットでのダヴー。

10月15日:フレデリック・ウィリアム王がナポレオンに和平条件を要求する手紙を書いた。

10月16日

: ムラートの前のエアフルトでのプロイセン降伏。

10月17日:ハレでベルナドットの前にプロイセン軍が敗北。

10月22日:プロイセン公使ルッチェシーニと内通していたナポレオンとの会談。

10月23日:ナポレオンはライン川とエルベ川の間のプロイセン領、ブラウンシュヴァイク公、ハノーファー、オスナブリュック周辺の領土を没収し、東フリースラントにオランダ王を与えた。 ザクセン選帝侯領とヘッセン=カッセル公国はフランスの統治下に置かれている。

10月24日

: ポツダムでのプロイセンの降伏

25October:SpandauはLannesの前に降伏

26October:Davoutの軍団がベルリンに入り、LasalleとGrouchyがZehdenickを占領する。
ナポレオンはフレデリック大王の墓の前で瞑想する。

10月27日:ナポレオンがベルリンに入城。

10月28日:ホーエンローエがプレンツラウで降伏。

10月30日:シュテッティンがラサール将軍の騎兵隊の前で降伏する。

11月3日:ナポレオンがポーランドに蜂起を促す宣言に演説する。

11月7日:ブリュッヒャーはベルナドットの前にリューベックで降伏する。

11月8日

: ネイの前にマクデブルクの降伏。

11月16日:普仏戦争休戦協定の署名、フレデリック・ウィリアムによって批准されていない。 第32軍報はプロイセン方面作戦の終結を発表した。